美しく健康な歯並びへ

私たちが人と対面するときに、どのような表情をすることが多いでしょうか?
相手に対して好感を抱いている、
もしくは相手に好感を持ってほしい場合には笑顔になる回数が自然と増えているはずです。
コミュニケーションの基本は笑顔や仕草で相手に好感を持たれることから始まります。
仕事だけではなくプライベートでも、笑顔を上手に扱える人は成功するのです。
笑顔になったとき、最も目につくのが口元になります。
口元の大部分を占めるのが歯並びです。
自分の歯並びに自信を持っているという方は案外多くありません。
特に日本人は、欧米に比べて歯列矯正に消極的な姿勢が見られるのです。
歯並びをだけが全てではありませんが、せっかく笑顔の魅力を高める手段が存在するならば、
これを利用しないのは勿体ないことといえます。
また、歯並びを矯正することでお口トラブルを予防出来るため、
将来に向けた口腔ケアとしても歯列矯正は有効な手段になります。
ここで注意していただきたいのは、
健康で美しい歯こそが歯科矯正の求める姿であるという点です。
審美歯科という分野においても、歯並びを整える方法はいくつか存在します。
しかし、その多くは自分の歯を削る、
または抜いた後に義歯を詰めるといった手法なのです。
義歯を1度でも利用したことがある方でしたら、
本物の歯がどれだけ素晴らしいものか実感していることでしょう。
義歯は経年劣化するだけでなく、
歯茎の腫れや細菌感染、虫歯の発生といったリスクを伴っているのです。
最近の矯正歯科では、自分の歯を生かしたまま歯列矯正行うことが主流になっています。
見た目の美しさと健康を両立出来る、歯列矯正のメリットやその手法について確認していきましょう。
立川で評判の歯医者 にいむら歯科医院詳細情報

あなたの噛み合わせは大丈夫?

歯列矯正を勧められる理由として最も大きなものは噛み合わせとの関係になります。
はじめに、良い噛み合わせとはどのような状態を意味するのか確認しておきましょう。
違和感が無いまま奥歯をしっかり噛み合わせられるかが、良い噛み合わせへの第一関門です。
上下の犬歯をしっかり噛んでおり、
軽く歯を合わせたときに前の4本の歯が下の歯に当たらないこともポイントになります。
歯ぎしりをした際に犬歯が当たる、上と下の歯に隙間が無いといった条件もクリアしているかチェックしましょう。
自分で調べるのが難しいという方は、ぜひ歯科医院で検診を受けてください。
 

 

上記のような条件をクリアすることで、ようやく良い噛み合わせといえるのです。
噛み合わせが悪いまま長い年月を過ごしてしまうと、私たちの顔は少しずつ変形していきます。
歯は顎の骨と繋がっていますから、最も影響を受けるのは顎の部分です。
上下どちらかの顎が前に迫り出した不自然な状態で過ごすことになります。
歯が歯茎に当たりやすい、
通りにくい声質になるといった日常生活に支障をきたすケースも多く見られます。
歯の生え方が整っていないと、歯の隙間が大きく開いてしまいます。
八重歯がその代表例です。
見た目にも美しくありませんし、
歯の隙間から空気が入り込むと口腔内の感想ときつい口臭が発生します。
虫歯や歯周病といった感染症を招くリスクも上昇します。
このような状態を改善するのに、遅すぎるということはありません。
矯正歯科は、皆さんの歯並びを美しいものへ変えてくれるのです。

更新履歴