歯列矯正の種類

歯の乱れ方は人それぞれなので、歯科医は患者に合わせた歯列矯正方法を提案することになります。
歯列矯正の方法として最初に思い浮かぶのがワイヤーを用いた方法です。
別名ブラケット矯正とも呼ばれるこの方法は、
歯を動かすことの出来る範囲が広いため多く歯科医が取り入れているのです。
ワイヤー治療は付ける位置は、歯の前側と後ろ側の2種類になります。
金属が歯の中心に見えるのが嫌という方は後ろ側にワイヤーを嵌めると良いでしょう。
ただし、歯の裏側にワイヤーを嵌めると金属が舌に近い位置に来るため、
口腔内の違和感が大きくなります。
最近では、歯と同色、もしくは透明なワイヤーも登場しているので
歯科医と相談したうえでどのワイヤーを使用するか決定してください。
もう1つの方法は、マウスピース治療と呼ばれるものです。
こちらはマウスピースを嵌めるだけというお手軽な歯列矯正です。
ワイヤーに比べて歯列矯正をしていることがばれにくいところが特徴です。
ただし、歯の乱れが大きい場合には利用出来ないため注意しましょう。
また、ワイヤーとは違って自分で取り外すことが可能となっています。
口腔内が窮屈だからといって外してばかりいると、

歯並びが整う前に元に戻ってしまう恐れがあるのです。
マウスピースやワイヤーを組み合わせることで、
部分的な矯正治療を行うことも出来ます。
歯に被せ物をしている人は、それを利用した矯正方法が歯科医から提案されるかもしれません。
生活スタイルを鑑みたうえで、自分にピッタリな歯列矯正の方法を探っていきましょう。
美しい歯並びへhttp://www.warabi-sakuradental.net/