歯列矯正と食事

歯列矯正の中でもポピュラーな方法であるブラケットを用いた矯正では、食事の面で注意しなければいけないことがいくつかあります。
大前提として知っておいていただきたいのは、ブラケットは壊れる可能性があるという点です。
金属をワイヤーで結びつけた装置ですので、あまりにも硬い食べ物はワイヤーや金属の部分を損傷させかねません。
ブラケットを付けた食事に慣れていない際には、硬いものは避けた方が良いでしょう。

 

また、キャラメルやガムといった粘土の高い食べ物は、装置の矯正に悪影響を及ぼす恐れがあります。
ブラケットと歯や歯茎の間にガムなどが付着したままだと、そこに細菌が集まって虫歯をはじめとしたお口トラブルを引き起こす可能性も否定出来ません。
麺類は食べやすいように思えますが、細い形状のせいで装置と歯の間に挟まりやすい食べ物といえます。
こちらは慣れれば問題ありませんが、やはりブラケットの食事における初心者の方は避けた方が良い食べ物といえます。
歯科医院で矯正器具を嵌めた直後は、咀嚼をするのが辛いときもあることでしょう。
大きく口を動かせないけれど、食事はしたいという場面でおすすめなのが豆腐や卵を使った料理です。
どちらも歯で噛みきらなくてもお口の中で小さくなりますし、栄養も豊富な食材です。

 

お粥やスープの具材にしておけば、顎や歯に負担をかけることなく食事をすることが出来ます。
硬い食べ物であっても、調理によって食べやすく変えることで歯列矯正中の食事に彩を加えることが可能です。
丸かじりしにくいリンゴはすりおろして食べるのがおすすめです。
煎餅などの硬い食感のものは、細かく砕いたうえで奥歯のみで噛むようにすれば矯正器具に損傷を与えにくいといえます。

 

 

関連ページ

歯列矯正の種類
歯列矯正の種類
歯列矯正と金属アレルギー
歯列矯正と金属アレルギー
歯列矯正中の歯のケア
歯列矯正中の歯のケア
すきっ歯と歯列矯正
すきっ歯と歯列矯正