お子さんの歯を健康に

近年、歯列矯正を早期から始めることの重要性が注目を集めています。
早期というのは、子供時代からのことを指します。
なぜ子供の時から歯列矯正をすることが、重要なのでしょうか?
その最たる所以は、身体が成長しきっていない時期に間違った噛み合わせのまま過ごしてしまうと、
顎や歯に与えられる悪影響が大きくなるからです。
子供の頃は顔が丸かったけれど、大人になってから面長になったという人は、
噛み合わせが悪かったことが理由の1つとして考えられます。
また、成長が終わっていない分、大人よりも短い期間で矯正が終了するメリットもあるのです。
さらに、噛み合わせや歯並びの乱れはブラッシングのしやすさを左右します。
歯ブラシが届きにくいような歯の生え方のまま大人になってしまうと、将来虫歯や歯周病に悩まされることになるのです。
では、いつごろからお子さんの歯列矯正をスタートさせれば良いのでしょうか?
一般的には前歯が永久歯に生え変わった時期か、
すべての歯が永久歯に生え変わった時期が良いとされています。
しかし、噛み合わせが悪いせいで顎の位置がずれている場合や、
奥歯で噛んだとき前歯の上下に隙間がある場合には、すぐにでも歯列矯正を始めましょう。
お子さん向けのマウスピース治療も導入されているため、ストレスの少ない治療が可能となっています。

親御さんが見ても判断に迷った際には、歯科医院で検診を受けてください。
 
お子さんの歯を守ることは、将来の健康に直結します。
歯科医と相談しながら、お子さんが健やかに成長出来るようなサポートをしてあげましょう。